いざなみ/いざなぎの「国生み」  →Engrish

大八島(おおやしま)と六島の形成順序は、大陸交流の歴史を語っている。

大八島(おおやしま)が先に生まれる。

1 淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま)
      神名ナシ
            瀬戸内海東部 淡路島
2 伊予の二名島 
      愛比売(えひめ):伊予国
      飯依比古(いひよりひこ):讃岐国
      大宜都比売(おほげつひめ):粟国 
      建依(たけよりわけ):土左国
            四国 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
3 隠岐の三つ子の島 
      之忍許呂(あめのおしころわけ)
            島根半島北方 隠岐群島 新羅との交渉

4 筑紫の島
      白日(しらひわけ):筑紫国
      豊日(とよひわけ):豊国 
      建日向日豊久士比泥(たけひむかひとよくじひねわけ):肥国
      建日(たけひわけ):熊曾国
            九州
5 伊岐島
      比登都柱(あめひとつばしら)
            九州北方の玄界灘 壱岐島
6 津島
      之狭手依比売(あめのさでよりひめ)
            九州北方の玄界灘 対馬 新羅出兵の中継地 遣唐使船の中継地

7 佐度島(さどのしま)
      神名ナシ
            新潟県西部 粛慎の渡来地
8 大倭豊秋津島
      御虛空豐秋津根(あめのみそらとよあきつねわけ)
            本州

後に彼等が帰ってきて、六島が生まれる。 

9 吉備児島
      建日方(たけひかたわけ)
          岡山県南部
10 小豆島
      大野手比売(おおのでひめ)
          香川県小豆郡 瀬戸内海の要衝
11 大島
      大多麻流(おおたまるわけ)
          山口県柳井市の東 周防大島 瀬戸内海の要衝
12 女島
      一根(あまのひとつね)
          大分県国東半島の北 離島 姫島
13 知訶島
      之忍男(あめのおしお)
          長崎県の五島列島 遣唐使の寄港地
14 両児島
      両屋(あめのふたや)
          長崎県五島市南西の男女群島 遣唐使船の南路目印


高麗のボートピープル  大海人→天渟中原瀛真人天皇→天武天皇 太安麻呂




[渤海と古代の日本]
[ケタ/ケヒ193頁]
[航路]
[佐渡の製鉄].

[粛慎] みしはせ、あしはせ
[ニブフ]ギリヤーク [オホーツク人]
[挹婁] バイキング 海賊 鬼

722年 穂積朝臣老 佐渡に流刑
雙生億岐洲與佐度州 (日本書紀)



気比神社(青森県上北郡おいらせ町上久保51-1)
気比神社(山形県鶴岡市三瀬字宮ノ前1)
気比神社(山形県鶴岡市菅野代)
気比神社(新潟県佐渡市新穂長畝)1522 越前の気比神宮より分霊 けひ
気比神社(新潟県佐渡市椿尾540)天正年間(1573~92)敦賀の気比神宮を分霊
気比神社(新潟県佐渡市羽茂上山田1133)創立年代は不明,仲哀天皇を祭る
居多神社(新潟県上越市)越中国頸城郡の式内社 こた
気多神社(富山県高岡市伏木一宮1-10-1)越中国一宮 頸城郡の式内社
気多大社(石川県羽咋市寺家町)能登國一宮 羽咋の式内社 けた
気多御子神社(石川県小松市)加賀国江沼群の式内社
気比神社(石川県七尾市東浜町ホ1)
気比神宮(福井県敦賀市曙町)越前国一宮 伊奢沙別命 大中臣氏
気比神宮(福井県敦賀市刀根21-8)
気比松原「一夜の松原」「松原客館」
気比神社(兵庫県豊岡市)但馬国城先崎群の式内社
気多郡 (兵庫県豊岡市)但馬郡
気多島 (島根県神戸川の河口付近)出雲郡神戸郷
気多郡 (島根県気高郡)因幡郡
気比神社(静岡県袋井市広岡2406-2-2)
気比神社(和歌山県紀の川市猪垣191)きび
気多郷 (静岡県周智郡春野町気田)遠江国山香郡

神社本庁からの離脱 1952日光東照宮 伏見稲荷大社 鎌倉宮 新熊野神社           2004-10明治神宮 靖国神社 常陸国出雲大社
           法廷闘争 羽咋市気多大社 富岡八幡宮

淤能碁呂島(おのごろじま) 磤馭慮島(おのころじま) 石殷