→溝の口校舎の沿革

多摩美の「映画演劇」教育の変遷
1933  伊原宇三郎
1936「映画国策樹立案」
1936映画『国防全線八千粁』
1936『満州映画協会』
1939『映画法』

戸塚 1918-1936 
日本美術専門学校
校長: 紀

日本画科 油画科 彫塑科 図案科   女子部
吉祥寺 1929-1943
帝国美術学校
校長:北れい吉
日本画科20 西洋画科80 彫塑科 工芸図案科
20
  女子部
上野毛 1935-
多摩帝国美術学校
校長:杉浦非水
日本画科15 西洋画科60 彫塑科
10
図案科
30
  選科

溝ノ口 1947-
多摩造形芸術専門学校 
校長:井上忻治

美術部40     工芸部
50
  建築部
10
上野毛 1950-
多摩美術短期大学 
    彫刻科
10
造形図案科
40
映画科
50
 
上野毛 1953-
多摩美術大学 美術学部
学長:井上忻治
学部長:逸見
  絵画
60
彫刻科
10
図案科
30
   
1960       50    
1961   80   80    
1962   90   100    
1966 15 100   170    
1969       250    
溝ノ口 1954-
多摩芸術学園
学園長:逸見
   
写真1957- 映画科 演劇科
芸能美術科1964-
八王子 1971       建築60    
溝ノ口 1973   絵画   デザイン    
八王子 1981       250   芸術60
八王子 1989   30 30 90    
上野毛 1989
多摩美大 美術学部2部
学部長 品田
  2絵画
30
  100 30 芸術40
上野毛 1999-
多摩美 造形学科(夜間)
学部長 米倉
        映像演劇学科
60
 
上野毛
多摩美大 美術学部
学科長
 
   


    演劇
50
舞台デザイン
30

1954 多摩芸術学園 申請  →教員一覧



映画科 1954年設置
演劇科 1954年設置
写真科 1957年設置
芸能美術科 1964年設置
デザイン科 1973年設置
絵画科 1976年設置