卒業生数の推移   1) 応募定員 2) 受験者数 3) 合格発表数 4) 入学者数(水増数) 5) 卒業数

学生募集定員の推移 (1975年私学振興助成法制定以前の数値は、文部省報告以外の水増の合格数を含まず)
定員数     (上野毛)美術学部              
      絵画(日,油,版) 彫刻    図案              
100名 1953年 大学設置 60 10   30       (溝の口)多摩芸術学園
  1954年                   映画 演劇
  1955年                    
  1956年                    
  1957年                   写真
  1958年                    
  1959年                    
120名 1960年     50              
170名 1961年   80   80              
200名 1962年   90   100              
  1963年                    
  1964年 修士課程                  
  1965年                    
300名 1966年   115(15,100) 15   170              
  1967年                    
  1968年     デザイン(平,立,染)              
365名 1969年 大学封鎖   250(150,25,25,50)              
  1970年 授業再開                   
      (八王子)美術学部  
                建築             
425名 1971年 移転開始   250(150,30,30,40) 60            
  1972年                   
  1973年               
  1974年 移転完了                 
  1975年 私学助成法                 
  1976年                  
  1977年                   
  1978年                  
  1979年                   
  1980年         芸学        
475名 1981年     250(150,25,25,10,40)   60        
  1982年                
  1983年                
  1984年                
  1985年                
  1986年 臨時定員              
  1987年           (上野毛)夜間学部
  1988年           絵画2 デ2 芸術2
675名 1989年   30         30 90 40
  1990年          
  1991年          
  1992年          
  1993年          
  1994年          
  1995年          
  1996年 建設再開        
  1997年   工芸  グラフ 生産(T.P) 環境 情報(D,A)   (上野毛)造形学部夜間
795名 1998年 改組 60 125 70(30,40) 65 120(60,60) 50   造形 映演
835名 1999年     40 100 60
  2000年    
  2001年 博士課程  
  2002年    
  2003年    
  2004年    
922名 2005年   171 146 70 55  
1000名 2006年 建設完了 190(30,130,30) 180 85(45,40) 80  
  2007年    
1015名 2008年   100(60,40)  
  2009年    
  2010年    
  2011年    
  2012年     (上野毛)美術学部
  2013年       統合 演劇
  2014年       120 80(50,30)

1966.3.30 第51回国会 文教委員会 文部事務官答弁
「学校法人の経理の問題につきましては、国に対する報告義務は、現在私立学校法では負っておらないのでございますから、
学校経理の内容につきまして、私たちが直接調査をするということは法律上はできないわけでございます」
「寄付金を集めた場合に文部省に報告しなければならないという規定も現在ございませんので、いろんな大学がいろんな寄付を
集められますけれども、私どものほうで、一々それを承知するようなすべは持っておらないのでございます」
「われわれに届け出されております実数は大体、正確には覚えておりませんけれども、定員を五割ほどオーバーしていると思います。」

1962年 募集定員200名 入学200+水増123名 寄付金35,000,000+15,610,000=50,610,000円 △ 690,000=49,920,000
1963年 募集定員200名 入学200+水増118名 寄付金35,000,000+13,850,000=48,850,000円 △1,800,000=47,050,000
1964年 募集定員200名 入学200+水増111名 寄付金34,000,000+16,100,000=50,100,000円 △1,040,000=49,060,000