第6章 八王子建設の停滞

1967年 美濃部知事による多摩ニュータウン建設停止
1971年 ニクソン・ショックの兌換停止
   第一次オイルショック 中東戦争
1972年 仮設実習校舎11棟 木造学生会館 体育館
   デッサン棟と実習棟を上野毛より移築
   隣接地払下方再申請書 村田理事長
1974年 高度経済成長は終焉、多摩ニュータウンは計画を転換
   多摩美大周辺の造成工事は停滞する。
   多摩美術大学周辺地区の構想
   八王子への全面移転が完了

 

無為の 20年
移転完了時の状況   建築再開時の状況



1975年 村田理事長および真下学長が退職
   内藤頼博が理事長および学長代行に就任。1975 学長に就任。
   私立学校振興助成法が施行
1976年 創立40周年記念式典 11/1 八王子校舎
1979年 第二次オイルショック イラン革命
1981-85年 絵画東棟 芸術学科開講 タマビリアムの顛末
1986年 創立50周年 11/1 京王プラザ
   プレハブ棟の縁下の教室利用 建設飯場の再利用
1989年 上野毛美術学部二部 多摩芸術学園を募集停止
1992年 溝ノ口校地を売却 
1994年 西地区取得 35,000m2


定員数   絵画 彫刻 デザイン (G, P, I, T) 建築   (溝の口)多摩芸
425名 1974年 移転完了   60 10 250 (150,30,30,40) 60     デ  映画
  1975年 私学助成     演劇
  1976     写真
  1977     絵画
  1978    
  1979    
  1980   芸学  
475名 1981 絵画東棟   250 (150,25,25,10,40) 60  
  1982    
  1983    
  1984    
  1985 2号館    
  1986 臨時定員    
  1987     (上野毛)夜間
  1988年     絵2 デ2 芸2
675名 1989   30   30 90 40
  1990    
  1991    
  1992 版画専攻    
  1993    
  1994年      
  1995