「岡本太郎とメディア・アート」展 出品作品について Ver.1.1
2017 11 3 - 2018 1 28 川崎市岡本太郎美術館

作品仕様

1)
作品名 キネチックアート ダントンの首 記述:ロクス・ソルス
サイズ  H 30 W 20 D 20cm
材 質 ハードディスクの動力コイル部品、銅線コイル、直流モーター
制作年 2013年


2)
作品名 気膜ロボット 海中生物 記述:アフリカの印象
サイズ  H 160 W 360 D 360 cm
材 質 ナイロン布、送風機、交流モーター
制作年 2017年

3)
作品名 平行軸立体機構 詩的平行四辺形 記述:四節機構
サイズ H 165 W 50 D 50cm
材 質 AlB(アルミ棒)、交流モーター
制作年 1969年


4)
作品名 収束軸立体機構 揺れる三角錐 記述:大阪万博
サイズ H 173 W 70 D 60cm
材 質 AlB(アルミ棒)、交流モーター
制作年 1969年


作品の画像、動画

海中生物      画像 動画  ペルソナ展ラ・プランリ美術館 動画
ダントンの首    画像 動画  ルーセル展あいちトリエンナーレ
詩的平行四辺形   画像 動画  国際サイテックアート展 新宿住友ビル
揺れる三角錐    画像 動画  大阪万国博 個展 画像

作家情報について

氏名 高橋士郎 Takahashi Shiro 
在住 東京都
生年 1943年

 

作家略歴

1969 国際サイテックアート展(銀座ソニービル)
1969 現代美術の動向展(国立京都美術館)
1970 屋外モニュメント(大阪万国博三井館)
1972 個展 立体機構シリーズ(銀座ソニービル)
1973-1976 国際コンピュータアート展(銀座ソニービル)
1976 屋外モニュメント(新宿住友ビル)
1978-1984 電脳制御シリーズ(電気通信科学館マイコン展)
1984 個展 空気膜造形シリーズ(新宿NSビル)
1985 屋外モニュメント(筑波科学博中央駅)
1985 路上演劇(米国フロリダ・エプコットセンタ)
1989-2001 天神祭船渡行 (大阪淀川)
1990 花と緑の博覧会 (大阪鶴見緑地)
1991 巡回演劇 (米国デフ・シアター)
1991 巨大造形 (原ミュージアムアーク渋川)
1992 巨大遊具(国営昭和記念公園)
1995 世界卓球大会(中国天津市体育館)
1999 共生するロボット展(新宿ICC)
2001 インサイトビジョン展(多摩美術大学)
2009 青山ロックロールショー(青山斎場)
2011 アートサーカス巡回(東日本大震災復興支援)
2012 大地の芸術祭(越後トリエンナーレ)
2012 瓢箪博物館(台北ビエンナーレ)
2013 自由芸術展(秋葉原333)
2015 オープニングイベント (横浜YCC)
2015 ペルソナ展(ケ・プランリー美術館)
2016 ルーセルの実感室(あいちトリエンナーレ)


作家略歴
1966年 /最年少の25歳で多摩美術大学の法人評議員に就任。
1968年 /「エレクトロマジカ」(東京銀座ソニービル)に立体機構シリーズ《揺れる立方体》を発表。
1970年 /日本万国博覧会三井グループ館(チーフプロデューサー:山口勝弘)に立体機構シリーズの巨大モニュメントを制作。
1971年 /ヨーロッパ1万キロを車で走破。
1972年 /個展「METACO`72高橋士郎展」(東京・銀座ソニービル)開催。
1973年 /「第一回国際コンピューターアート展」(東京銀座ソニービル)に空気膜構造《黒い手》を発表。会場プロデューサーを担当。
1976年 /日本デザイン学会にてイスラム数理造形の研究「ムカルナス」を発表。
1978年 /「マイコン79展」(電気通信科学館)に電脳制御シリーズ《踊る一本の棒》を発表。
1981年 /神戸ポートピア博の「つくば万博案内」として《ガイダンスロボット》を発表。
1983年 /新潟博覧会に《音声認識の象ロボット》を発表。
1984年 /高橋士郎空気膜造形シリーズ「新しい空気膜ロボットの遊び展」(新宿NSビル)を開催。
1991年 /「バボットランド展」(通信総合博物館)を開催。アメリカの劇団「デフ・シアター劇団」とともに空気膜造形が全米に巡回する。
1992年 /株式会社バボットを設立
1999年 /「共生するロボット展」(ICC)に《Babot》を発表。
2003年 /多摩美術大学学長に就任。 「松本市美術館1周年記念展」(松本市美術館)に中村錦平と空気膜造形《東京焼》を発表。
2007年 /「遊びのイノベーション」(北九州イノベーションギャラリー)に空気膜造形を発表。
2008年 /「体験コミュニケーション展」(通信総合博物館)にキネティックアート作品《Deus Ex Machina》を発表。
2011年 /東日本大震災復興支援活動「デイリリー・アートサーカス」に参加し被災各地を巡回する。
2012年 /港千尋キュレーション「瓢箪美術館」(台北ビエンナーレ)に《After Albrecht Durer》を発表。
2013年 /「自由芸術展―レーモン・ルーセルの実験室展」(Arts Chiyoda)を開催


「コメント」

「科学技術と金融が支配する1963年に、芸術は、何か離れ業でもしない限り、もはや生き残れない。今の世の中はもはや市場に過ぎない。だから、大道芸人がやるような茶番劇で世の中を楽しませてやらなきゃならない」と、ジュール・ベルヌ35歳が1863年に執筆した未刊の小説『100年後のパリ』の中で述べている。

ジュール・ベルヌの科学思想を乗り越え、技術と芸術を連結した、レイモンド・ルーセルの小説1910年『アフリカの印象』は、デュシャンブルトンなど当時の若者に精神革命を起こし、岡本太郎の前衛芸術が爆発する。

1969年に芸術と技術の総合的な連結を計画して、JEAA(日本電気芸術協会. 山口勝弘代表)が結成されて、銀座ソニービル「国際サイテック・アート展」を開催し、サイバネティクアートのニコラ・シェフェールを招聘、キネチックアートの伊藤隆道、高橋士郎、ライトアートの坂本正治(東京)、ヨシダミノル(京都)、聴濤襄治(大阪)、コンピュータアートの幸村真佐男などが参集した。

 

付録

作品名 気膜ロボット モンスタ 記述
サイズ  H 450 W 800 D 800 cm
材 質 ナイロン布
電 力 送風機 AF400 290w
    ウインチ 5AM 90w
膜体収納 排気弁モータ トルクモータ 駆動モータ 強風センサ
制作年 1990年

作品名 気膜ロボット パイラ人3型 動画 取説 [YouTube] []
サイズ  H 330 W 330 D 100 cm
材 質 ナイロン布
電 力 送風機 CF170 170w
    モータ 5RK 40W (ウインチ 4AM 25w)
制作年 2017年

作品名 気膜ロボット パイラ人6型 実験 記述
サイズ  H 660 W 660 D 200 cm
材 質 ナイロン布
電 力 送風機 AF400 400w
    ウインチ 5AM 90w
    強風センサ