村田芳太郎     1903/7/6「出生届」.
           1935/5/19 村田光蔵「読売新聞」
           1935/6/30 1935/8/24 1935/9/8「読売新聞」
           1951「日本乃日本人」
村田晴彦       1953/9/25 名変更届 学校法人多摩美術大学 理事
村田與四兵衛    1973/8/2 村田家墓石「村田與四兵衛七代目 晴彦」

1903年 村田芳太郎7/2生 母:村田チエ 川原田町大字諏訪町44(出生届7/6 戸主祖父:村田清太郎)
     (母チエは 菊池糸松の長女 1886生)
 
1909年 母チエが 清太郎の養子:寅吉と婚姻届11/1
1917年 県立佐渡中学 酒井億尋と同郷 走高飛運動中にアキレス腱を負傷
1920年 認知届9/5 父:伊藤小太郎 川原田町大字諏訪町127
母チエが 養父村田清太郎 養母スエと離縁届
1922年 中央大学予科 1928年 法学部卒 弁護士 山田辰之進の書生(佐渡郡 加茂村字羽吉出身)
1929年 北れい吉に呼ばれて 帝国美術学校の吉祥寺校舎を見学 
  新潟の下宿で、常香夫人と出会い
1931年 婚姻届1/12  妻:山口マキ(父:無記 戸主母:山口マサ 若松市北小路町112)
長女出生2/14 豊多摩郡代々幡町幡ヶ谷864
1932年 家督相続届5/9(旧戸主 清太郎死亡)
1933年 長男出生1/10 渋谷区代々木上原1315
1934年 北れい吉より電報 村田芳太郎が北れい吉の替わりに美術学校を経営
多摩帝国美術学校の設立基本金の借入を五島慶太に申し入れ
    東横と 上野毛校舎 土地5400坪の契約
1935年 校舎建築費を東横から借入 今井兼次設計(東横が清水組施工の建築費を代払い) 
    建築費借入のための頭金15000円を調達
    (ダンサー川畑文子の父親より借入5000円
    (佐渡出身の酒井億尋(美術コレクター 荏原製作所)より借入 3000円
    (牧野虎雄の絵画を満鉄本社に売却3000円 牧野虎雄の絵画を永見某に売却1000円
    (残金は東横が猶予3000円
多摩帝国美術学校 認可9月6日 北れい吉が隣地田中貞治宅の樹下にて始業式挨拶 
    出席者:井上忻治 牧野虎雄 杉浦非水 吉田三郎 佐々木大樹 大隅為三 森田亀之助 渡辺素舟 鈴木誠
    学生数:40名
学生監:村田芳太郎が吉祥寺校舎の教具を搬出

1936年 北れい吉の選挙違反の身代わりで未決監 佐渡を数回往復(第19回衆議院議員総選挙新潟一区 無所属当選)
母チエ 逝去 3/14
財団法人多摩帝国美術学校 設立(徴兵猶予の専門学校となる)
    東横から基本金30000円借り入れ(寄付金:利付貸金 年8分)東横常務が理事長、重役が理事
1937年 次男出生1/14 杉並区井荻2-33
2.26軍法会議の秘密漏洩のため潜伏(磯辺浅一の獄中手記写真を小笠原長生中将に手渡す)
1938 三男出生2/7 世田谷区上野毛町272
1939年 上海旅行
1940年 .
1941年 次女出生1/20 世田谷区上野毛町272
東横債務の代わりを条件に、成田千里が校長に登記したが、入金なしで1週間で辞退
繰上卒業式11/
1942年 北れい吉の選挙応援で佐渡に(第21回衆議院議員総選挙新潟一区 翼賛政治体制協議会非推薦当選)
1943年 三女出生11/12 世田谷区玉川瀬田町5 61
釜山 浦項 平壌 奉天 新京 ハルピン 満州 旅行

昭和医専校長の上条秀介より20万円借入(東横へ地代と利息元金 牧野画代 今井設計費を返済)
繰上卒業式(佐渡出身の在野の哲学者:土田杏村の後輩:渡邊泰亮主事)

1944年 海老名一雄と徳富蘇峰を伊豆山に訪問
1945年 三木清の消息をたずねて特高部を訪問
日本漁業組合の資材部長と財務部長 海外同胞引揚促進運動 社会党結成準備事務所
牧野虎雄の四谷の自宅で、多摩帝国美術学校の在京教授が集会 9月10日
多摩帝国美術学校 溝ノ口校舎で学生募集を再開(元日本光学軍需工場の2棟800坪を借受)
1946年 GHQ天然資源局水産部アダムス水産課長と佐渡へ同行
水産部長フィードラと資材課長ポーランドを佐渡に案内
多摩帝国美術学校『学校工場』を運営 三越高島屋へ売り込み
    村田晴彦が幣原内閣の内務大臣三土忠造に、軍事工場跡の借入れの斡旋を依頼
    溝ノ口の木造三階建600坪と木造平屋200坪を大蔵省国有財産部から借用
    荏原製作所羽田工場青年学校から教具を貰い受ける 酒井億尋
    元海軍の軍需工場から焼けた旋盤ミーリング盤セーパー盤ボール盤を払い下げ
    中目黒の木工工場から丸鋸盤  帯鋸盤電動鉋盤機械鑿盤を購入
    学生は木造3階建の2階を学生寮で生活し、学校工場でアルバイトをした
1947年 四男出生7/28 新潟県佐渡郡佐和田町大字河原田諏訪町44番地
財団法人多摩帝国美術学校 学内理事
    昭和医から斎藤監事と上条 石井理事、学内から杉浦理事長(軽井沢在)
    新たに学内理事を追加 井上 村田 今井 藤原理事
1948年 野口英世銅像設置運動
1950年 財団法人多摩美術短期大学 理事 (監事 : 池留三 佐渡郡 河崎村野崎出身 )
1951年 学校法人多摩美術短期大学 理事
1953年 学校法人多摩美術大学 理事
名変更届9/25 村田晴彦
1954年 「本学の創設から現在に至るおもいで」美術大学新聞
1957年 300坪購入 810,000円 川崎市宮前字三ツ又325-5 畑(1反歩) 1965年 所有権移転 9/20 売却
1960年 「多難だった学校設立」美術大学新聞
本館落成記念 6/

1961年 学校法人多摩美術大学 理事長
  1961北死亡北の金婚式 
1963年 北先生と選挙戦を偲ぶ「追想記」北れい吉先生三回忌法要会
欧州米国視察 世界の美術大学見学 木馬イーゼル導入 
1965年 逸見梅栄からの文書偽造訴訟 (51国会文教委員会)
逸見宅の立退訴訟
村田晴彦「創立の沿革」

八王子寮地鎮祭
「事件の真相」村田記述6/10
土地問題9/20

杉浦非水葬儀8/24 費用負担
1967年 学園紛争収拾のため、理事長を退任
学生運動に関する建白書
1968年 学校法人多摩美術大学 理事長に復帰および学長事務取扱に就任 石田英一郎が学長就任七ヶ月で急逝のため、
『総合美術大学構想』石田ビジョン
1969年 「多摩美術大学の現状」村田 1/25
入院手術 夫人が看護疲れで逝去 学園紛争中のため公表せず
多摩美術大学 機動隊導入ロックアウト 評議員 理事 教授を総入替 (61回国会文教委員会)
『紛争の経過ならびにその後の学内問題』12/1
1970年  
1971年 長女夫婦を大学事務より排除
1972年 観劇 民藝『日本改造法案 北一輝の死』 滝沢修主演 松本静張 東横劇場4/4-26 高橋士郎お伴
1973年

「村田家の墓」建之8/2 七代目村田興四兵衛 晴彦
多摩美術大学文様研究所 「文化外交についての建白書 10/20」 大平大臣会見記録11/13
媒酌  

1974年 真下学長と山脇教務部長を解雇 (75国会文教委員会)
多摩美術大学 定年規定制定 高橋史郎委員 
学校法人多摩美術大学 理事長退職 東京地裁調停により(内藤頼博理事長および学長代行の就任)
村田晴彦口述『多摩美術大学沿革史』印刷『想出の期』3/
タイ王国旅行 タイ王国に移住計画 
羽田空港に江上波夫を見送り:高橋士郎撮影
1975年 7月16日 72歳 北海道への旅支度をして、上野毛駅前で散髪、帰宅後横になったまま起きてこず

法人葬 青山斎場 デザイン:高橋士郎

富士霊園1区6号483番 村田かずよ
 
善宗寺 佐渡市河原田諏訪町105 村田與四兵衛七代目 晴彦
   

ドッと笑うてたつ波風の  荒き折節義経公は  如何しつらん弓取り落とし  しかも引き潮矢よりも速く

浪に揺られて遥かに遠く  弓を敵に渡さじものと  駒を波間に打ち入れ給い  泳ぎ泳がせ敵船近く

流れ寄る弓取らんとすれば 敵は