多摩美術大学の歴史(高橋士郎講義ノート) →サイトマップ

第3章 多摩帝国美術学校 1935開設 →教員の変遷 →役員の変遷 杉浦非水自伝60年


上野毛の野原での始業式 1935年 9月7日  東京市世田ケ谷区多摩川上野毛町323


→新設声明
→設立趣旨書
→学生声明
→学長挨拶
→生徒募集
→校歌
        →公文書

       →教員一覧
       →役員一覧
       →学生一覧

08月26日 認可申請 09月06日 認可
09月07日 上野毛の野原で始業式
09月20日 授業開始 千駄ヶ谷の学苑社
10月20日 校舎 2棟500坪完成
10月30日 校舎 1棟210坪完成
設計:今井兼次





11月01日 開校記念祭 手拭3000本配布
12月01日 開校大祝賀会 割烹旅館の水光亭
     現:プラウドタワー二子玉川

制服のネクタイ色:
日本画:青 図案科:赤 西洋画:緑 彫刻科:黄

 
創設時の役員
1935年

「多摩帝国美術学校」
理事長(学外)
國澤新兵衛鉄道デザイナー
理事(学外)  立花良介 映画プロデューサ
      近藤清吉 医師
           20.000円
理事(学内)  北れい吉 思想家
           35.000円
      杉浦非水 商業デザイナー
           10.000円
      牧野虎雄 洋画家
           10,000円
後援会長   丸山鶴吉 警視総監
校賓     米山梅吉 社会奉仕家
校長     杉浦非水
学監    井上忻治
学生監    村田芳太郎
主事    渡邊泰亮
名誉校長  北れい吉
1936年 「女子部附設」逸見梅栄 12,000円
       杉浦非水  500円
       北れい吉  300円
       牧野虎雄  270円

東横電鉄時代の役員
 財団設立基本金を借入
1936年 玉川電気鉄道を傘下に収め、1938年に合併
1939年 目黒蒲田電鉄に吸収合併、社名を東京横浜電鉄株式会社と変更

1937年


「財団法人 多摩帝国美術学校」
東横電鉄より基本金借入  30,000円
      (寄付金:利付貸金 年8分)
理事長(東横)丹羽武朝 東横電鉄常務取締役
 理事(東横)松浦由太郎東横旧常務取締役
 理事(学内)杉浦非水 校長
1938年   募集案内
1939年    
1940年    

1941年

太平洋戦争  
1942年
(1週間理事長) 成田千里 豊島師範学校長

昭和医学専門学校時代の役員
 東横借入金の返済
1943年
昭和医学専門学校より借入 200,000円
東横へ地代と利息元金を返済
理事長斉藤浩 昭和医学専門学校常務理事  
理事 野添敦義弁護士 玉川村役場嘱託1942
理事(学内) 杉浦非水 校長
  4/7 学校報告祝賀会 溜池「錦水」北れい吉
1944年 軍の要請による文部省勧告があり、600名の総定員を640名に増員
2/27 一時休校
1945年 2/1 北れい吉宅  杉森 孝次郎 原口中将 牧野虎雄
2/15 「綱島温泉」村田芳太郎 牧野虎雄
   →灰塵からの復興
1946年
  理事長上条秀介昭和医学専門学校学長
理事 石井吉五郎昭和医 附属医院長
理事 井上忻治 杉浦非水 牧野虎雄
監事 斎藤浩  昭和医学 常務理事
1947年
「多摩造形芸術専門学校」専門学校認可 理事会自立