→高橋士郎 →空気膜造形

気膜造形高橋士郎  →原文  →English  遺作:古事記の森

「古事記」の書き出しは、122の精霊の名前の列記から始まる。
その多くの精霊は、その後の本文にも登場せず、その説明もない。
文字の解読は、見えない想念を類推し、空想する頭脳活動の快感を誘う。。 →m4v.  →m4v.

1)「別天」 ことあまつ  氣象未效。無名無爲。誰知其形

メタ神話 眼に見えない概念を発声する 音声を文字にする 文字から空想する 三角関係
◯天之御中主 (あめのみなかぬし) 大陸の思想 さわらぬ神 天空神[sky father] 魂騙 盤古 デミウルゴス
◯高御産巣日 (た かみ むすび) 半島の思想 芦原の中つ 神籬ひもろぎ 降臨 らち埒 心御柱 Calm
◯神 産巣日 (  かみ むすび) 島国の思想 はるかなる想念 常世 根の国 稀人 徐福 黒潮 黒船

あの世の、眼に見えない原理に名前をつける →二項対立
◯宇摩志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこじ) 芽ぶく 水と油の成形力 →自己組織化 →分子膜 →生気論


◯天之常立(あめ の とこたち) 
あの世の原理 →シンメトリ  →サイバー空間



2)「七代」  ななよ  氣象の形成 この世の生成原理に名前をつける

◯国之常立(くに の とこたち) この世の原理 →重力 →空気 →寸法


◯豊雲野(とよくもの)
 雲の下なる野原 →エントロピ →八雲


◯宇比地邇(うひ ぢに) / 須比智邇(すひ ぢに) 泥や砂で大地が形成 →土壌 →大地


◯角杙(つぬ ぐい) / 活杙(いく ぐい)
 加算造形 固定  →ファスナ →加工


◯意富斗能地(おおとの じ) / 大斗乃弁(おおとの べ) 
減算造形 山と川が形成 →浸食


◯淤母陀琉(おもだる) / 阿夜訶志古泥(あやかしこね)
 男と女が形成 →生命 →多様性
 

◯伊邪那 岐(いざなぎ)/ 伊邪那 美(いざなみ) 
生と死が形成 →生気論
 


 

3)いざなみ/いざなぎの「国生」 →大八島と六島の形成 四方を海に囲まれた小さな陸地
 
神の居ない(淡路島)→愛比売・飯依比古・大宜都比売・建依 →之忍許呂
      白日・豊日・建日向日豊久士比泥・建日  →比登都柱 →之狭手依比売
神の居ない(佐渡島)                    →御虛空豐秋津根
      建日方 →大野手比売 →大多麻流      →一根 →之忍男 →両屋


→(まつろわぬ人々)


4)いざなみの「神生」 (液相 固相 気相 生命)

◯大事忍男(おおごと おしお) 大事を終えたいざなぎ
       →生態学的環境

◯石土毘古(いわつちびこ
◯石巢比賣(いわすひめ)

石と土の基台 砂の巣
◯大戸日別(おおとひわけ

出入口の結界  屋根葺き
◯天之吹男(あめのふきお
◯大屋毘古(おおやびこ)

屋根上棟 Topping out
◯風木津別之忍男
(かざもつわけのおしお

対風圧  →構造

◯大綿津見(おお わたつみ) 海の精霊

◯速秋津 日子(はやあきず ひこ)/速秋津 比賣(はやあきず ひめ) 河の精霊 水戸神 湊神

河の霊が、2組8柱を産む  →流体
沫 那藝(あは なぎ)
凪の水泡 →風船

沫 那美(あは なみ)
波立つ飛沫 →分子間力

頬 那藝(つら なぎ)
凪の水面 →波紋

頬 那美(つら なみ)
波立うねり →表面張

天之 水分(あめの みくまり)
国之 水分(くにの みくまり)分水嶺 水分配

天之 久比奢母智(あめの くひざもち)
国之 久比奢母智(くにの くひざもち)水汲み瓢箪


◯志那都比古(しなつひこ) 風の精霊 息の精霊


◯久久能智(くくのち) 木の精霊 茎幹


◯大山津見(おほやまつみ)


◯鹿屋野比賣(かやのひめ)野椎

山と野が、2組8柱を産む [Aaru]
天之狭土(あめのさずち)
国之狭土(くにのさずち)
土地
天之狭霧(あめのさぎり)
国之狭霧(くにのさぎり)

天之闇戸(あめのくらと)
国之闇戸(くにのくらと)
渓谷 断崖
大戸惑子 おほとまとひこ
大戸惑女 おほとまとひめ
神隠 迷子


◯鳥之石楠船(とりのいはくすぶね)軽快で堅固な船


◯大宜都比賣(おほげつひめ)
 五穀が生成
頭から蚕 目から稲 耳から粟 鼻から小豆 陰部から麦 尻から大豆

◯火之迦具土(ひのかぐつち) 火之炫毘古(ひのかがびこ) 火之夜藝速男(ひのやぎはやを) 火勢が速い男
     プロメテウス


いざなみは、迦具土を出産したとき、女陰の火傷で死に、黄泉津大神となる 異界アンヌン(Annwn)


いざなぎの涙から、泣女が生成する
◯泣沢女(なきさわめ)  mov 香山の樹下に座す女神 ソフトパワー →視覚
 
いざなぎは、迦具土神を征伐する
かぐつちの血が飛び散って、鉄が進化する 2価の鉄原子をもつヘム分子
       
剣先の血が磐座と反応して
石 折(いわ さく)
根 折(ね  さく)
石筒之男(いわつつのお)
鉄の威力
根本の血が磐座と反応して
甕 速日(みか はやひ)
樋 速日(ひ  はやひ)
建御雷之男(たけみかずち)
鉄の鍛錬
剣柄の血が磐座と反応して
闇 淤加美
(くら おかみ)
闇 御津羽(くら みつは)

鉄の焼入
かぐつちの体は8つに分解して、鉄の産地が分散する (核兵器保有五大国)  
 頭から 正鹿山津見(まさかやまつみ)
 胸から 淤縢山津見(おど やまつみ)
 腹から 奥 山津見(おく やまつみ)
性器から 闇 山津見(くら やまつみ)
左手から 志藝山津見(しぎ やまつみ)
右手から 羽 山津見(は  やまつみ)
左足から 原 山津見(はら やまつみ)
右足から 戸 山津見(と  やまつみ)
 

肥大化した大脳皮質を持て余す人類は、創作エネルギーを宗教や芸術などに向け
近代以降、行き場を失った創作エネルギーが、いったん物質界に向かうと、
粗野な工業生産物を大量に生産し、地球環境をも破壊しはじめる。


5)いざなみの「死」



いざなみの体内残留物が、死後筋肉緩和により流出し、三種類の素材となる
◯金山 毘古(かなやまびこ
 金山 毘売(かなやまびめ

 胃の残留物が嘔吐して鉱質
◯波邇夜須毘古(はにやすびこ
 波邇夜須毘売(はにやすびめ
 腸の残留物が排便して粘質
◯和久産巣日(わくむすび
 彌都波能売(みつはのめ

 膀胱の内残留が放尿して液質

いざなみの死体に、がとりつく 有機物の分解
いざなみの死体に、8柱の雷神(神立)がとりつく 生体電気 →電気の美術
大雷 頭
電離
プラズマ
火雷 胸
稲妻
励起
黒雷 腹
雷雲
磁気 電荷
折雷 陰部
撃雷
放電 霹靂
若雷 左手
帯電
電界 エン
土雷 右手
落雷
陰極 光電
鳴雷 左足
雷鳴
音波
伏雷 右足
幕電
投影 大気
儚い肉体は、堅牢な物体に憧れる。 揺れる魂は、永遠の思想に憧れる。
生物は、生物の屍骸が腐敗堆積した、豊な土壌の上で生息する
 →遺骸としての土壌

黄泉軍(よもついくさ) 豫母都志許賣(よもつしこめ)
いざなぎが、鬘(かづら 縵 角髪)を投げると、蒲子(えびかづらのみ)と成る
いざなぎが。右の御美豆良(みみつら)の湯津津間櫛(ゆつつまぐし)を投げると、笋(たかむな)となる
桃子 意富加牟豆美 

いざなぎが、汚れた着衣を脱ぎ捨てると陸路の禍事となる 怪物 妖怪

◯衝立船戸
 (つきたつふなと)

杖 指標の禍事

◯道之長乳齒
 (みちのながちは)

帶 行程の禍事

◯時量師
 (ときはかし)

囊 時間の禍事

◯和豆良比能宇斯能
 (わずらいのうし)

衣 身体の煩い

◯道俣
 (ちまた)

褌 分岐の禍事

◯飽咋之宇斯能
(あきぐいのうし)

冠 飽食の禍事


いざなぎが、腕輪を脱ぎ捨てると海路の禍事となる  photo  photo

左の手纒
◯奧疎(おきざかる)下げ潮 引き潮 干潮 低潮
◯奧津那藝佐毘古(おきつ なぎさびこ)沖の波浪
奧津甲斐辨羅 (おきつ かいべら) 沖と渚

右の手纒
◯邊疎( へざかる ) 上げ潮 差し潮 満潮 高潮
邊津那藝佐毘古(へつ なぎさびこ)海辺の波浪
邊津甲斐辨羅 (へつ かいべら) 海辺と渚




6)いざなぎの「禊」

 
いざなぎが禊をすると、禍事の活力が生まれる
◯八十禍津日(やそ まがつひ) 多くの禍事マガゴト 曲 枉 物斎 まがつひ [Demonology]
◯大 禍津日(おほ まがつひ) 大きな禍事マガゴト

いざなぎが禊をすると、禍事を直す活力が生まれる 演技直し 験直し 間直し [盆踊り] []
◯神 直毘 (かむ なおび)  聖なる直す活力 生態懇願物質
◯大 直毘 (おお なおび)  大なる直す活力
◯伊豆能賣 (いずのめ)    清浄な巫女

→m4v

→m4v

→mov

◯底 津綿津見(そこつわたつみ)
◯底 筒之男 (そこつつのお)
水底の禊で、航海の守護者が生成
◯中 津綿津見(なかつわたつみ)
◯中 筒之男 (なかつつのお)
水中の禊で、航海の守護者が生成
◯上 津綿津見(うわつわたつみ)
◯上 筒之男 (うはつつのお)
水上の禊で、航海の守護者が生成
     
◯天照(あまてらす)
左目を洗うと、昼の統治者が生成
◯建速須佐之男(たけはやすさのを)
鼻を洗うと、海の統治者が生成
◯月讀(つくよみ)
右目を洗うと、夜の統治者が生成
http://www.shiro1000.jp/kojiki/12.gif
天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 
月よみの 持ちたる変若水(をちみづ) い取り来て
君に奉りて 変若(をち)得しむもの