多摩美術大学の歴史(高橋士郎講義ノート) →多摩美術大学の歴史

第5章 大学紛争  →登場人物 

前期紛争 理事会の分裂

理事長 学友会 正常化連盟
1960年 昭35
上野毛本館コンクリート造4階 6/
八王子校地の取得開始 -1964
   
1961年 昭36
村田晴彦理事長登記 2/25
北れい吉逝去8/5
 
1962年 昭37
上野毛第1実習棟コンクリート
溝の口学生寮
 
1963年 昭38
環八セットバック
村田晴彦理事長が欧州米国視察旅行
   
1964年 昭39 →教員一覧
八王子合掌造移築 運動場道路造成
環八道路補償費受領 151,40万円 9/
環八道路騒音補償訴訟 5000万円
上野毛図書館 
学友会 木馬反対学生集会 6/14
授業放棄 民青 6/15
 
1965年 昭40
八王子運動場完成 紀の国屋
村田記述「事件の真相」6/10
土地問題 9/20
奈良飛鳥寮 
杉浦非水 逝去 8/18 大学葬 8/24
院生が学友会支持宣言 6/14 正常化促進連盟 発足 18-9名 2/19
   三沢 豊藤 野口 中野 荒山 岩渕 室田
逸見理事が佐々木理事長を選出 3/9
逸見理事が公正証書不実記載を申立 5/
卒業生4名が文部省を訪問 6/2
逸見理事が理事長職務停止を申立 7/
郷倉千尋が社会党の河野議員を訪問
1966年 昭41
村田入院 1/ 
70歳定年制 逸見学部長定年
後藤 学園長
上野毛第2実習棟
上野毛 各実技研究室を創設
八王子民俗資料館
学生寮
富士山純林苑

第51回国会文教委員会3/30
村田理事長の就任について質問
社会党の河野密議員

逸見理事が村田を公文書偽造訴訟 4/
1967年 昭42
井上忻治 理事長に就任3/14
理事 村田 後藤 大沢 松江
    池田 福沢 早川 笠置
事務局長 村田  秘書 内海幸子
「学生運動に関する建白書」10/18 村田
逸見理事が村田を登記偽造訴訟 6/10
東京地裁 逸見宅立退命令 9/20

中期紛争 全共闘運動
経営権
理事長 理事評議員
学長 秘書室
学生
学友会 学生総会
全闘委 反帝学評
教学権
拡大教授会 学外教授会
全学教授会 学内教授会

1968年 昭43

石田英一郎学長就任 入学式 4/8
学則改訂準備委員会 助手規程


パリ5月革命 明治100年
村田事務局長 団交で説明 5/28
石田ビジョン八王子計画発表 6/14
1969未刊の募集要項

理事会教授会8/19. 芸学科建築科増設
石田学長 急死 11/9
石田学長の大学葬 青山斎場 11/16
村田事務局長 合同教授会を招集 12/25
八王子建設反対運動 学友会5/10
学友会 大衆団交 5/28
全学集会 八王子計画支持 7/1
学友会 大衆団交 7/2
授業放棄 7/7
東大 全共闘 結成 7/
学友会執行部 社研部に交代 11/13
学友会執行部 中核派に交代 11/19
全学教授会 八王子計画支持 7/4



合同教授会 12/25
1969年 昭44 →教員一覧 dialy 
学校職員を緊急召集 1/14 17:30
「多摩美術大学の現状」村田 1/25
八王子本館(幽霊校舎)完成
本館棟封鎖1/13
社研部30名 本館棟封鎖 22:00
      封鎖完了 1/14, 4:00
全学教授会 学外ゼミ
 
彫刻科学生 バリケードを撤去
 
「北岡の会」五輪記念センタ 1/19
村田晴彦 理事長に再就任
深夜に本館侵入 書類印鑑類を確保 1/20
福澤学長事務 村田理事長 教授会出席 1/22
福澤学長事務取扱 辞表提出 1/24
村田理事長 入院
学友会執行部 全学を封鎖 1/17
学生総会 封鎖解除決定 17:00
学友会執行部 全学を再封鎖 22:20
安田砦陥落 1/19 セクト

学生総会 八王子計画撤回を要求 1/28

教授会 村田理事長を招聘 1/22
教授会 1/25
全学教授会 発足 針生一郎議長
針生一郎『三彩2月号』1/30

村田晴彦 学長事務取扱 内海正和秘書
「解職の件」村田 2/7
八王子計画の白紙撤回合意 2/8
「訴訟説明」弁護団 2/15

学生総会 理事会と団交 2/8
学友会執行部 封鎖解除 2/10
入試開始 2/13



卒業式 3/23

全学教授会 2/3
正常化連盟が文書配布 室田富四郎2/3
拡大教授会発足 2/7. 針生一郎議長
拡大教授会 理事評議員の総辞職要求 2/9
全学教授会 末松正樹学長を選出 2/13
全学教授会 教学と経営の分離主張 3/20

理事評議員の総辞職を意志表示 4/4
村田理事長 手術 4/8
理事評議員 辞表提出 4/12
新理事評議員会 5/8  25歳評議員
村田理事長 退院 6/9
村田夫人 逝去
理事会が学生総会で団交 4/4
多摩芸全共闘が大学本館を封鎖 4/18
全闘委 山脇教務部長を学内に連行 5/21
全闘委が全学封鎖 7/10 →美共闘
『大学運営臨時措置法』8/7
反帝学評 駒沢大セクト20名導入 9/5

教授36名が次期体制への非協力宣言 4/12
学外理事が文書発送  4/23
全学教授会 自主講座の目的を掲示 5/17
全学教授会 大学立法に反対声明 6/3
針生一郎『美術手帳』8-9月号
校内に退去命令 9/20
  
反帝学評がバリケード強化 10/2
  
教授 理事 合同会議
区民会館10/4 健保会館10/7
日本女子会館10/12 都市センタ10/16
第61回国会文教委員会 10/15
坂田道太 文部大臣
岡田孝平 参考人
 新入生 1 )国立横浜大学(工学部を除)
 未登校 2) 大阪市立大学 医学部
     3) 私立は、多摩美術大学
機動隊導入 10/19
残留学生18名 逮捕 . 多摩芸退去命令10/28
  
理事会 上野毛修復工事
村田事務局長 学長事務取扱を兼 11/15
評議員会 11/2714:00 12/7 12/14
冊子『紛争の概要』12/1
冊子『紛争の経過』12/2
大学院委員会 自由が丘会館11/2 1:00
ロックアウト内で授業再開 12/2
学内教授会12/22
油科教授会12/25 学科教授会12/26
彫科教授会12/27 デ科教授会12/27
全学教授会は学内教授会に出席拒否 11/23
週間新潮「多摩美大の犬」11/26
全学教 冊子『われわれの岐路』12/15

1970年 昭45 教員名簿3/19 昇格4/27
理事会 1/30 17:00

専任教員 11名を解雇 44名を採用
北岡健二 監事 就任 (文部省調査局長)
評議員会
 5/3/12:00 7/9 7/20/17:30 10/2/17:00
 泉靖一 逝去 11/15

学内教員が真下信一学長を選出1/31
入試実施 3/9 受験者数2400名 過去最高
入学式 4/15
全学教授会『現状について』 2/1
有識者の支持声明2/23
針生一郎『現代の眼4月号』
真下 学外教員会談 福祉センタ 4/13
真下 学外教員会談 都市センタ 5/13
学外教員「教員組合」を結成 7/7
学外教員12名 学長職務停止申請 7/9

後期紛争
 学長と理事長の分離
理事長 学長 常務理事
1971年 昭46
八王子移転開始
内海秘書室長 解任 グラフィック教授へ
「理事会八王子計画」1/11
「教授会八王子計画」1/11

朝日新聞 4/11
学外教員18名 教授地位保全訴訟
岡田孝平 常務理事に就任
     (1959 私学振興協会理事長)


正常化連盟勝訴3/24 法人反論4/12
1972年 昭47
「多摩美の企画性」3/13
村田学長事務取扱就任 4/1
隣接地払下申請書 4/1
高田学長候補に当選 4/21 →評議員会が否認
      真下7票 高田忠8票
真下学長候補選出 4/26 →文部省不届
真下教授会 卒業証書の発行と学生抹籍
 
1973年 昭48
全学的協力体制 3/
八王子移転完了
文様研究所開設
理事会議事録 5/30 村田 真下 岡田
     斎藤 高田 高橋 塩山 山脇 大西
1974年 昭49 観梅会 3/3
村田「岡田宛質問状」4/17
真下学長任期 満了 4/25 再選 4/26
村田「学長選挙の疑問点」4/30
評議委員会が真下候補を不同意4/31
2監事「真下開催教授会不正」5/25
定年規程制定72歳

山脇 「疑問点への反論」11/20
教授会「学長候補承認要望」12/11
山脇 「真下就任の経過」12/26
山脇 「選挙手続の疑問」12/26
山脇 「理事長の背任」

5理事:斎藤 大西 高橋 山脇 岡田
5理事「理事長等職務執行停止」申請
東京地裁調停
5理事「村田辞任勧告」11/20
1975年 昭50
不正入試投稿2/12
査問委員会開催 2/15高田委員長
  奥野 塩山(瀬島) 田中 平野 藤谷 山城
山脇へ解任通告2/15
高田忠が事務局長2/27
真下学長を不正入学で訴訟
地裁へ「答弁書」3/7
 証人:藤谷 川崎 森 江尻 塩山 高田 村田
村田理事長72歳 定年退職 3/29
村田晴彦会長 逝去 7/16 大学葬 青山
山脇 真下「地位保全」申請 2/25
第75回国会 文教委員会 2/27
永井道雄 文部大臣
真下学長の解任について質問
共産党の加藤進議員
山脇 真下「経過報告」3/5
山脇  「不正入学の事実」3/11
真下信一学長 解雇 3/29

5理事「村田の失格確認」1/8
5理事「理事会招集請求」2/15
朝日新聞 2/25
東京地裁 入試協定書 2/28
東京地裁 仮処分命令申請却下 3/7
内藤頼博 理事長 学長代行に就任 4/1

私学振興助成法 公布 7/11
議員立法


紛争の終息 →教授の変遷 →役員の変遷
1976年 昭51
井上忻治元学長 逝去 91歳 6/12
創立40周年記念式典『40年の歩み』刊
  田中一 特別調査委員会報告書12/8