多摩美術大学の歴史    

第1章 大正の自由教育から昭和の文化政策へ [芸術文化の行政 文科省] [学制百年 文科省] [芸術と文化政策 山形大学]

  →官学と私学
1872「彰技堂」 明治の画塾
1902 [哲学館事件]
専門学校令 予科 研究科 別科
 修業年限 普通科2年 専修科3年
 大学専門部 (旧)
1887官立「東京美術 東京音楽学校」
1889官立「京都府画学校」
1909「京都市立絵画専門学校」
1907「文部省美術展覧会」-1918
1911 樺太神社 1919 朝鮮神宮
神社非宗教論
1819 パリ国立高等美術学校
1868 カリフォルニア大学美術学部
1910 杉浦非水 34歳 (三越 図案主任)
井上忻治 26歳 渡欧
  ルーセル小説「アフリカの印象」
マリネッティ「未来派宣言」
1911   北一輝 上海に 宋教仁 国辛亥革命
川上音二郎 死亡
 
1912 杉浦非水「光風会」
木村荘八「フュウザン会」
美濃部達吉「天皇機関説」  
1913 井上忻治 29歳 (早大教授) {石川三四郎]渡欧  
1914 北れい吉 29歳 (早大講師) 第一次世界大戦-1917
「日本美術院」横山大観再興
「二科会」日展より分離
ルーセル小説「ロクスソルス」
カフカ小説「流刑地にて」
マイリンク小説「ゴーレム」
ウエルズ小説「解放された世界」
1915   [Views of Tokyo]
[田園都市株式会社]
ソシュール講義集「一般言語学講義」
アインシュタイン「一般相対性理論」
1916     ツァラ「ダダイスム」
ルッソロ「The Art of Noises」
1917     [デュシャン] fountain
1918 「日本美術専門学校」紀淑雄 高等教育の大衆化 高等学校令 
大学令 専門学校の大学昇格
 
1919   「帝国美術展覧会」 -1934
[絵画と国家の盛衰]
ロシア構成主義
バウハウス
タトリン「第三インタ」
1920 →大正の自由教育
私立大学設置認可
旧制専門学校(実業専門学校)
未来派美術協会
ドイツ表現主義
チャペック戯曲「R.U.R.」
ヴェゲナ映画「ゴーレム」
ヴィーネ映画「カリガリ博士」
1921 「文化学院」美術部 石井柏亭
「自由学園」羽仁もと子
「自由大学」土田杏村
漢学の振興に関する建議案
「東京高等工芸学校」
「日本大学 法文学部 美学科」
マンレイ「ニューヨークダダ」
チャップリン映画 [キッド] []
ラング映画 [疲れた死神]
1922   アクション 第一作家同盟 春陽会 ムルナウ映画「ノスフェラトウ」
ジョイス小説「ユリシーズ」
1923 「大東文化協会」漢学 北れい吉 関東大震災
「日本改造法案大綱」北一輝
近衛秀麿がドイツ留学
MAVO
デュシャン「大ガラス」
ホールデン「超人間主義」
シュヴィッタース「メルツ」
1924   三室戸敬光「類題明治天皇御集」
三科造形美術協会 槐樹社 七人社
ブルトン「シュ-ル宣言」
1925   萩原恭次郎「死刑宣告」
二科会 造形
「日本大学専門部芸術科
「文化学院」大学部創設
映画「ポチョムキン」
ヒトラー「我が闘争」
グロピウス「デッサウ新校舎」
1926   「東京高等音楽学院」渡邊敢 牧師
単位三科
ラング映画『メトロポリス』
1927
1928   「帝国音楽学校」福井直秋 同年辞任 ロレンス「チャタレイ卿婦人」
カルダ「サーカス」
1929 「帝国美術学校」設立 校長 「女子美術専門学校」
「太平洋美術学校」
「武蔵野音楽学校」
福井直秋
  帝国音楽学校から128名が転校

「ムンダネウム」世界文化センタ
1930
「帝国音楽学校」
父兄代表北れい吉
「東京高等音楽学院」三室戸敬光
六潮会
「アートセンタースクール」
1931 「帝国音楽学校」再興
 校長 有馬伯爵 評議員 北れい吉
 
1932 「帝国音楽学校」校長 北れい吉
北れい吉 海外歴訪 
「財団法人 大日本映画協会」[kindai]
「国民精神文化研究所」文部省
「新建築工芸学院
旺玄会
ハクスリ「すばらしい新世界」
ソ連中央委「社会主義リアリズム」
「クランブルック美術学院」
1933 北れい吉 帰国8.2 「昭和研究会」近衛文麿 三木清
「映画国策樹立ニ関スル建議案」
日本工房
ドイツ「帝国文化院法」9/22
国民啓蒙宣伝大臣ゲッベルス
米国「連邦美術計画」美術家救済
1934
  東京高等音楽学院 大塚 三室戸敬光
「足利尊氏論」逆賊賛美
映画「意志の勝利」
「大日本映画協会」
新図案家会

ユング「元型」
マンフォード「技術と文明」
レニ映画「意志の勝利」
MoMA「機械美術」展
1935 「帝国音楽学校」同盟休校2.8
「帝国音楽学校 日大芸術」併合案
「帝国美術学校」同盟休校5.16
「多摩帝国美術学校」設立
「天皇機関説」事件2.18
「国体明徴訓令 教学刷新評議会」文部省
「帝国美術院」改組 文部大臣 松田源治

 

1936 「日本国策映画研究所」北れい吉
映画『国防全線八千粁』
「デゼグノ」創刊
2・26事件
日本工作文化連盟
全日本商業美術連盟
陸軍従軍画家協会
「教学刷新評議会」奉安殿
ナチス日本映画『新しき土』原節子

ベンヤミン「複製技術時代」
映画「ゾンビの暴動」日本軍
1937 理系の徴兵猶予
財団法人「多摩帝国美術学校」
「帝国芸術院」設立 文部省
[愛国行進曲]
『満州映画協会』設立 李香蘭
「文化研究会」三木清
「国体の本義」「教学局」文部省
「日本大学 法文学部 芸術学科」
ドイツ「退廃芸術展」
「大ドイツ芸術展」
1938  
「東邦音楽学校」三室戸為光
文部省主催の展覧会を再開
大日本陸軍従軍画家協会 陸軍省

チューリングマシーン
ウエルズ「世界の頭脳」
ナチ映画「民族の祭典」  .
1939   陸軍美術協会『第一回聖戦美術展』
陸軍省情報部『靖国の絵巻』
海軍省軍事普及部
[太平洋行進曲]
「映画法」芸術の醇化発達
第二次世界大戦
グリンバーグ「キッチュ」
1940 北れい吉 浅沼稲次郎 オスロ 「日本の皇紀2600年に寄せる祝典曲」
南洋神社

1941   太平洋戦争  
1942  
アメリカ軍戦略事務局
ABC 電子計算機
1943 「帝国美術学校」消滅 大東亞省
専門学校令の改正
実業学校令の廃止
「Our Enemy the Japanese」 シラパコーン大学美術学部
1944 「帝国音楽学校」戦災により廃校
「多摩帝国美術学校」校舎徴用
「多摩帝国美術学校」爆撃消失
アニマ
陸軍美術協会
台湾神宮 関東神宮
 
1945 学徒出陣 学徒出陣
原子爆弾投下8.6
GHQ幕僚部民間情報教育局
オーウエル小説『Animal Farm』
1946   占領下の日本
新制大学「四大教育指令」
「京都市立美術専門学校」
「金沢美術工芸専門学校」
旺玄会 再出発 アンフォルメル
GHQ セントラル映画社設立
デペンデントハウス
GHQ映画「わが青春に悔なし」黒沢明
ENIAC
ソウル大学美術大学
弘益大学美術大学
1947 「多摩造形芸術専門学校」 「造型美術学園」 アメリカ中央情報局
1948
朝鮮戦争 冷戦 オーウエル小説『1984』
1949   「東京芸術大学」
「女子美術大学」 
「日本大学芸術学部」
「アートセンターカレッジ」
リー「宇宙空間の征服」
1950 「財団法人多摩美術短期大学」 「京都市立美術大学」
「金沢美術工芸大学短期大学部」
「女子美術大学短期大学部」
「中央美術学院」
1951 「学校法人多摩美術短期大学」 サンフランシスコ条約
「準学校法人武蔵野美術学校」
瀧口修造「実験工房」
マクルーハン「機械の花嫁」
瀧口修造「実験工房」
1952      
1953 「多摩美術大学」