多摩美術大学の歴史(高橋士郎講義ノート) →多摩美術大学の歴史

第4章 灰塵からの再生 多摩造型芸術専門学校 多摩美術短期大学 多摩美術大学

1946年
4月溝の口で再開 美術部40名 建築部10名 工芸部50名
  
理事長(昭和医) 上条秀介(昭和医学専門学校学長)
  理事(昭和医)  石井吉五郎(昭和医学専門学校附属医院長)
  理事(学内)   井上忻治 杉浦非水 牧野虎雄
  監事 (昭和医)  斎藤浩(昭和医学専門学校常務理事)
「学校工場」を操業 村田晴彦
1947年

「多摩造形芸術専門学校」 校長 井上忻治
  理事長(学内) 杉浦非水(軽井沢在)
  新理事(学内) 井上忻治 村田晴彦 今井兼次(牧野逝去の為)
  理事(昭和医) 上条秀介   200,000円
         石井吉五郎 300,000円
         斎藤浩     50,000円
  理事(学外)   藤原繁太郎(衆院議員 日本社会党)
  経営資金寄付 吉田彦太郎  50,000円(緑自動車会社 社長)
         河合俊作   50,000円(多摩美術工芸 社長)
 日本国憲法施行 学校教育法  


1948年
  映画「生きている画像」瓢箪人先生
1949年
  浅沼稲次郎 村田晴彦『漁業法』制定
1950年
「多摩美術短期大学」  財団法人多摩美術短期大学 全面授業再開
 監事 池留三(佐渡出身弁護士) 斎藤浩 (昭和医)
  新理事 逸見梅栄(上京、今井理事と交代)
1951年
              学校法人多摩美術短期大学
吉田三郎 野口英世像除幕 上野公園
1952年
  本館木造1棟280坪を復旧
1953年
「多摩美術大学」 学校法人多摩美術大学 経営の自立 
学長  井上忻治 学部長 逸見梅栄
理事長 杉浦非水
理事  村田晴彦 井上忻治 逸見梅栄
理事  上条秀介 石井吉五郎 (昭和医)
理事  藤原繁太郎(学外)
監事  池留三(村田) 斎藤浩 (昭和医)

1954年
「多摩芸術学園」 学園長 逸見梅栄
学生新聞部『美術大学新聞』創刊
村田晴彦「本学の創立」
1955年
創立20周年
1956年
  上野毛校地5,267坪購入
1957年
新理事 郷倉千尋(石井理事逝去)
新理事 奥村土牛(上条理事逝去)
 
1958年
講堂鉄骨建3階建480坪
溝ノ口校地校舎を購入
野尻湖3287m2を購入
1959年
杉浦理事長 理事:逸見 郷倉 佐々木 奥村 井上 村田  
1960年
新理事 佐々木大樹(藤原理事辞任)
本館コンクリート造4階824坪
八王子校地運動場 9月-1964年5月
1961年
理事長 村田晴彦 就任 北れい吉逝去